「違和感」から解放されるために。

港区、千代田区、世田谷区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

こんばんは。

 

捻れてる。

お客様の主訴が「痛み」だった場合。

色々なケースが考えられるので評価テストを行います。

  • 姿勢評価
  • コアコントロール(体幹部評価テスト)
  • 柔軟性テスト
  • バランステスト(左右差テスト)

上記のテスト方法を用いてお客様の現状を把握できる場合と、

動作テストでしかごく僅かな代償動作が見つからない場合とがあるので一概には言えないのですが、

お客様の主訴が今までの所見と異なる場合池野は別の切り口から評価を行います。

自分自身もフルマラソンや様々なスポーツを通して身体の左右差をとても感じるようになりました。

対照動作ができるとよりバランスは保てると思うのですが、

心臓の位置も内臓の位置も左右対称ではないので現実的に身体はどちらかに傾きが生じています。

 

スポーツ動作に置き換えるとより左右差を発揮させながら上手くバランスを行使してハイレベルなパフォーマンスを発揮していくのですが、

その度合いが大きくなればなるほどパフォーマンスは発揮されどより身体の左右差が出て怪我や不定愁訴が起きやすくなってしまいます。。。

 

特に池野は女子サッカーをしていた中で右蹴りは大絶賛されるほど精度は良かったのですが、左は小学生にも負けるぐらいにまともに蹴れませんでした。

そうした中で左右の筋力差や安定度は大きく異なり、そんままウエイトトレーニングで無理に筋肉を作ってしまったために今ではその代償を引き継いで身体を最初から作り直しています。

最初から気付けれいたら良かったのですが、もう後の祭りです笑

右足首の重度の捻挫と、右蹴りから起こる身体の捻れで今でも苦しんでいます。。。

自分の経験があるからこそ、お客様のなんとなく「違和感がある」気持ちがよく分かります。

 

スポーツから作られてしまった身体の捻れや姿勢崩れは、もう一度筋肉を再教育する必要があり骨格を整えて再びトレーニングをして筋肉を今よりも強化しなければなりません。

 

特に脊柱と肩甲帯の関係、脊柱と骨盤の関係を整えるだけでも違和感からの解放は間違いありません。

それでも解決しない場合は足首や首の位置から身体全体に捻れや違和感を引き起こしているため少しずつ骨格調整をする必要がありますが「違和感から解放されない」ということはありません。

必ず出口は見つかるはずです!

筋肉痛が

いつも通り今日は朝から出張パーソナルトレーニング で都内をずっと動き回っておりました。

 

いつもなら階段の上り下りも軽快に進めるのに、今日に限りは「よっこいしょ」と心の声が出そうになりました苦笑。

(時間が経過するに連れて筋肉痛が増してきています)

 

どこに筋肉痛があったかといえば主に両脇腹の腹斜筋と股関節周辺がバキバキです。

以前でしたら太ももの前やふくらはぎばかりが筋肉痛でしたが、

体幹でランニングを再現できるようになってからは下半身の筋肉痛から解放されました。

 

今日もオイルをブレンドしてトリートメントを実施します。。。。