「硬さ」に隠れている「弱い筋肉たち」

世田谷区、港区、品川区、大田区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

「硬さ」か「弱さ」か。

新規のお客様も、既存のお客様の姿勢、身体の動かし方、トレーニングフォームを見て評価をしていく中で必ずぶつかる疑問が「硬さ」の問題なのか「弱さ」の問題なのか見極めることです。

ヒップ(お尻)トレーニングで代表的な「スクワット」でもスクワットフォームが上手くできない、

あるいはヒップ(お尻)を意識できずに他の筋肉に意識が向かい代償動作が起こってしまうなどの問題がどこから来ているのか。

ペアストレッチ(パーソナルトレーナーがお客様の筋肉や関節をストレッチ)を実施すれば筋肉や関節の「硬さ」を把握することはできるけれど、

何度も何度もペアストレッチをご案内してもまた次の週にお客様の身体を評価していくと同じように硬くなって元どおりになっています。。。。

 

スクワットを正しいフォームでヒップを意識できない女子の多くは、

  • 太ももの後ろ《ハムストリング》が硬くてしゃがめない
  • 足首が硬くてしゃがめない
  • 股関節が硬くてお尻を後ろに引きながら落とせない
  • 上背部が硬くて背中をバランスよく反れない

上記のような問題で正しいスクワットフォームでヒップトレーニングができていません。

硬さの問題であれば上記のようにペアストレッチで問題を解決しようと思いつくかもしれませんが、ペアストレッチをしたところで正しいスクワットフォームは作れない。。。

 

では、何が問題だと思いますか??

  • 太ももの後ろ《ハムストリング》が硬くてしゃがめない
  • 足首が硬くてしゃがめない
  • 股関節が硬くてお尻を後ろに引きながら落とせない
  • 上背部が硬くて背中をバランスよく反れない

先ほど一例として挙げた「硬さ」は問題ではないのです。

 

「硬さ」に隠れている「弱い筋肉」を探して強化しなければ、硬くなっている筋肉たちは一向に柔軟性を取り戻せないまま一生ストレッチを繰り返しても変わらないでしょう。

それぐらい弱い筋肉たちは身体のバランスを崩し、不安定のままバランスを保とうとします。

身体が硬いことが問題ではなく、

身体を硬くしている原因を特定して身体の使い方、重心、姿勢の作り方などを変えていくことによって筋肉や関節を硬くしないでしなやかな身体作りを実現することが可能です!

 

硬い筋肉を伸ばすことよりも、弱い筋肉を強化してバランスを取り戻していく池野式地味トレは地味ですけど効果は抜群です!笑