「感覚」を日々研ぎ澄ます。

世田谷区、港区、千代田区、世田谷区、渋谷区、目黒区で筋力トレーニングとピラティス、マスターストレッチを組み合わせて筋肉を太くせず女性らしい、しなやかな身体作りを出張パーソナルトレーニングで実施しています! 女性パーソナルトレーナーの池野です。

 

こんばんは。

 

「感覚」を研ぎ澄ます。

トレーニングの経験がある方ですと共感頂けると思うのですが、

筋肉を動かして「筋肉に力が入っている」「筋肉は今伸ばされている」などの感覚が頭の中に入っくると同時に筋肉や使っている場所がなんとなく頭の中でイメージできるのではないでしょうか??

筋肉には筋紡錘や腱紡錘といったレセプターがあり、中枢神経に筋肉や腱の情報を伝えて筋肉が受けている負荷や位置関係を伝えています。

普段から使っている筋肉は筋紡錘や腱紡錘が洗練されているので脳の中で意識しながらトレーニングすることもできるでしょう。

しかし、日常生活で積極的に使わない限り永遠に意識することはないであろうという筋肉は沢山ありある意味鈍感なのですぐに使おうと思っても筋紡錘や腱紡錘のようなレセプラーがないので脳の中で上手くイメージすることができません。

 

筋肉と筋肉、そして筋肉と腱、筋膜が繋がって全身が促通することができるように構造化されている人間の身体でさえも日々訓練(トレーニング)をしなければ中枢神経への感覚フィードバックさえも通らずにトレーニングが初めて行うエクササイズだとしたら「??」ばかりが浮かび上がってくるでしょう。

 

特に今まで全く運動やトレーニングをしたことがない方にとっては筋肉を意識する感覚も経験も少ないので最初の感覚入力に時間を要すると思います。

筋肉を意識することが苦手な方にお勧めしたいのは、

 

①ストレッチを積極的に行う

筋肉を意識することが苦手な方の特徴として身体があまりに硬いか、

関節があまりに緩くてきちんとストレッチすることができていないという方が多いように思います。

筋肉が上手く伸びないのでこわばりすぎて筋肉を意識して使うことができていないのだと思います。

関節が緩い方は関節と関節を安定して維持することができず正しいフォームでストレッチすることが苦手のようです。

まずは目的とする筋肉を明確にして正しいフォームでストレッチができるようになれば筋肉の感覚入力ができているのと同等の効果を得ているのと同じです。

 

②両手で筋肉を触りながらトレーニングを行ってみる

頭の中でイメージできない、筋肉を使っているのかどうかわからない場合筋肉からのフィードバックが脳へ帰ってきていないことがあげられます。

そんな時は筋肉を直に両手で触りながら筋肉を動かしてみましょう。

手の感覚で筋肉がどのように動いているのかを感じることで二次的なフィードバックが脳への繋がり意識できるようになったりすることもあるからです。

 

池野も筋力トレーニングやマスターストレッチ、ピラティスなどを13年以上続けてきておりますがそれでもまだ使えていない筋肉たちが沢山います。。。

全身の感覚が繋がることが本当にあるのだろうかと思ってしまいますが、

日々感覚を研ぎ澄まして訓練いていくしかないです!!

 

そのためには同じトレーニング、同じメソッドでは脳も筋肉もマンネリ化し新しい境地へいくことはありません。

だからこそ新しいプログラムは日々取り入れなければいけない自分の経験と通して強く思います。

自主練習したらその分結果に繋がるし、

新しいトレーニングを学びにいけばその分効果的な体の使い方を手に入れることができる。

 

少しでもいいからお客様に身体の気づきや変化、そして前進している!という感覚を得て頂きたいと思います。